PAON

一条活着的咸鱼Zzz

弃号,各位有缘债见:

TSUKINO翻译屋:

彼は誰の夢(黄昏之梦)——姬川瑞希(CV.石上静香)





彼は誰の夢見路で

【在那黄昏之中的梦途上】

独り佇む君が

【你独自站在那里】

懐かしい声で言った

【用令人怀念的声音说道】

「あの花はもう咲いたか?」

【「花已开放了吗?」】



若草萌える夏の日

【在那嫩草破土而出的夏日】

小さな種、携えて

【从远处捎来、那小小的种子】

「二人で花が見たい」と

【「只想与你一起看到那些花朵。」】

恥ずかしげに、君が言った

【你害羞地、解释道】



種蒔きて 芽吹いた双葉

【种下的种子  冒出了两片幼芽】

君が嬉しげに綻ぶ

【你的脸上绽放出欣喜的笑容】

「花は、いつ咲くのだろう?」と

【「何时花朵才会绽放?」】

今日か、明日かと待ちわびる

【是今日还是明天、你急切地期盼着】



「まだか…」と君が溜息

【「还没开吗…」你叹了口气】

「まだね」と私は笑う

【「还早呢」我笑着说】

花咲くその日が来るまで

【直到花朵绽放的那天】

君とずっと 待ち続け

【我会与你  一同等待】



黄昏のあぜ道で 独り佇む君が

【在那黄昏之中的小路上  你独自站在那里】

懐かしい声で言った

【用令人怀念的声音说道】

「あの花はもう咲いたか?」

【「花已开放了吗」】



微睡みて霞む花 是は夢か現か

【薄雾中那沉眠的花朵  是梦境还是现实】

答える声は震わず

【回答的声音没有丝毫动摇】

また、巡る夏の夜の夢

【那夏夜的梦,再次降临】



陽炎揺れる夏の日

【在那骄阳似火的夏日里】

うたた寝の眠りを醒ます

【于浅眠中苏醒】

旋風が通り抜け

【微风轻抚而过】

朝顔が静かに揺れた

【牵牛花静静地摇曳着】



「いつか…」と君の呟き

【「终有一天…」你低语道】

「いつか…?」と私は尋ね、

【「终有一天?」我问道、】

答える声は 風の音に

【回答的声音  被那风声】

あっという間に掻き消され

【悄然掠去消逝其间】



黄昏のあぜ道で 独り佇む君が

【在那黄昏之中的小路上  你独自站在那里】

懐かしい声で言った

【用令人怀念的声音说道】

「あの答えは聞こえていた?」

【「你听到那个回答了吗?」】



微睡みて霞む影 是も夢か現か

【薄雾中那沉眠的身影  是梦境还是现实】

答える声は震わず

【回答的声音没有丝毫动摇】

また、巡る夏の夜の夢

【那夏夜的梦,再次降临】



君と過ごした夏の思い出

【那与你共度的夏日回忆】

朝顔植えて、花咲く日を待って

【期待那种下的牵牛花、绽放的一天】

気付けば夕暮れ 暗い帰り道

【当意识到已是日落之时,黑暗早已铺满归途】

心細くて、君の手を握った

【怯懦不安的我,紧紧握住了你的手】



黄昏のあぜ道に 独り佇む、私

【在那黄昏之中的小路上  我独自、站在那里】

あの日植えた朝顔の

【那天我们一同种下的牵牛花啊】

花の色は、知らぬまま

【还未得知、它的颜色】



せめて 夢、幻のなせる泡沫でいい

【至少  那梦、还可以化为泡沫】

幼きこの手を取って

【牵起这只稚嫩的手】

夢の終わりまで連れて行って

【一同走向那梦的尽头】



彼は誰の夢見路で

【在那黄昏之中的梦途上】

独り佇む君が 懐かしい声で言った

【你独自站在那里  用令人怀念的声音说道】

「また、この夢を見ているの?」

【「可曾再次、见到那个梦境?」】



微睡みて霞む影 是は夢か現か

【薄雾中那沉眠的身影  是梦境还是现实】

答える声は震わず

【回答的声音没有丝毫动摇】

また、巡る夏の夜の夢

【那夏夜的梦,再次降临】

嗚呼、どうかまだ消えないで…

【啊…请不要轻易消失啊…】



*本站翻译请勿外传

评论

热度(12)

  1. PAON弃号,各位有缘债见 转载了此音乐
  2. 弃号,各位有缘债见三只老咸鸡 转载了此音乐
  3. Urrk三只老咸鸡 转载了此音乐
    好听!!QAQ